健康情報

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法
※2020年12月現在の情報です

新型コロナウイルスへの感染は、飛沫感染 接触感染によりおこるといわれています。
手指や、身の回りのモノを消毒することで、感染リスクを減らすことが期待できます。
消毒用の製品は、目的にあったものを正しく選び、正しい方法で使用しましょう。

手指の消毒・除菌
手洗い

手や指についたウイルスの対策は、洗い流すことが最も重要です。
手指に付着しているウイルスは手洗いで減らせます。

流水手洗い15秒 → 1/100に

石けんもみ洗い10秒+流水すすぎ15秒 → 1/10000に

アルコール

手洗いがすぐにできない状況では、アルコール消毒液も有効です。

<使用方法>

濃度70%以上95%以下のエタノールを用いて、よくすりこみます。

※70%以上のエタノールが入手困難な場合には、60%台のエタノールでも差し支えありません。

モノの消毒・除菌
熱水

食器や箸などは、熱水でウイルスを死滅させることができます。

<使用方法>

80℃の熱水に10分間さらします。

塩素系の家庭用漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)
<使用方法>

家庭用漂白剤を薄めて拭き、その後水拭きしましょう。

<薄める目安>

次亜塩素酸ナトリウムの濃度を0.05%にする。

※製品ごとに濃度が違うためご自身で確認してください。

次亜塩素酸水

一部の「次亜塩素酸水」も有効です。
一定濃度で感染力を一定程度減弱させることが確認されています。

~「塩素系の家庭用漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)」と「次亜塩素酸水」について~
ともに「次亜塩素酸」とついていますが異なる物質です。
このため、「塩素系の家庭用漂白剤」を薄めても「次亜塩素酸水」にはなりません。
洗剤(界面活性剤)

市販の家庭用洗剤も一部有効です。
主成分である「界面活性剤」が効果を発揮します。
(現在9種類が有効であるとされており、厚生省のHPで確認できます)

<使用方法>

有効な界面活性剤が含まれた家庭用洗剤を選びます。
1.家具用洗剤の場合、製品記載の使用方法に従ってそのまま使用します。
2.台所用洗剤の場合、薄めて使用します。

まとめ

目的にあわせた製品を正しく使用し、 感染のリスクを減らしましょう!

出典:厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/syoudoku_00001.html




提供:メディアコンテンツファクトリー




夫整形外科

〒544-0033
大阪府大阪市生野区勝山北
2-11-27

アクセスマップはこちら

TEL 06-6711-2852

診療時間

診療時間
午前
午後

●午前 9:00~12:00

●午後 16:00~18:00
(リハビリ受付 16:00~17:30)

[休診] 火曜・木曜・土曜午後、日曜、祝日